消費者金融の今と昔の状態

消費者金融とは一般に言われるサラ金のことです。銀行と比べて審査が通りやすく融資も早いという利点がありますが、金利が高く、長期的に利用すると利息が膨らんで返済ができなくなる可能性が非常に高いところでもあります。以前は金利も年30%近くを課しており、取り立ても厳しく時には脅迫まがいのものもありましたが、悪質な取り立てには厳重な処罰を科すようになり、近年では電話や郵便の督促や訴訟といった法的に問題ない範囲の取り立てがほとんどです。また、利息も2010年に改正貸金業法が施工されてからは年20%以内に定められたため、以前よりは使いやすいローンになりました。新規申し込みも、以前は支店に出向いて契約書を交わす方法でしたが、ATMで申し込みができるようになり、近頃ではネットで24時間申し込みを受け付けるところも増えてきました。銀行では審査が通りにくい専業主婦やアルバイターでも利用でき、無利息キャンペーンをしているところもあります。

消費者金融の変わった利用方法

消費者金融は今では一般市民の間にも広く普及しており、身近な存在です。街角には各消費者金融会社によって設置された、無人契約機も数多く見ることができます。消費者金融の利用する場面としては、生活費の不足分を借りたり、急な出費を必要とする場合などに利用されることが多い傾向にあります。今ではお金を借りることをキャッシングと呼んでおり、過去の古い時代と比べると、人々の生活に密着した一つのサービスとなっています。そんな中、少し変わった消費者金融の利用方法があります。それは、例えば一般的な会社員の場合では毎月決まった日時に給料が振り込まれることになります。毎月決まった額を小遣いとして手元に残し、残りの残金は全てを貯蓄にまわしているという方の場合では、時には小遣いが不足することもあります。この場合では、自身の貯蓄を崩すことなく、消費者金融でキャッシングを行い、翌月の給料日に返済をするという方法があります。この方法では、無駄に貯蓄を崩してしまう可能性も低くなり、尚且つ短期間で返済することができるので、お得に利用することができます。